領域 

メニュー内容

全体を選択(A)   キャンバス全体を領域として選択します
レイヤサイズで選択(H)   選択中のレイヤのサイズで領域が選択されます
選択解除(D)   領域選択の解除を行います
領域の反転(R)   選択されている領域を反転させます
領域抽出(X)… Ctrl+B 指定された色情報に基づいて、複数の色範囲を領域として選択します
領域をレイヤ化(O)   選択した領域を新規レイヤとします
領域をベジエ化(B)   選択した領域の輪郭線をベジエ曲線にします
ベジエ編集(Z)   選択されているベジエ曲線の編集を行います
 
領域を太らせる(M)…   領域の内側を拡大します
太らせる度合いを選ぶダイアログが出ますので、任意の数字を入れて下さい
領域を痩せさせる(I)…   領域の内側を縮小します
痩せさせる度合いを選ぶダイアログが出ますので、任意の数字を入れて下さい
領域の外側をぼかす(L)…   領域の外側に半透明の部分をいれてぼかします。[ぼかす度合い]に任意の数字を入れて下さい
濃度でぼかすかディザでぼかすか選択できます
領域の内側をぼかす(W)   領域の内側に半透明の部分をいれてぼかします。[ぼかす度合い]の指定はできません
 
トリミング(T)   選択した領域内の画像データをトリミングして、新規ウインドウで開きます
 
選択領域の読み込み(E)… Ctrl+E 保存してある領域を読み込みます。読み込めるファイル名は[*.pxs]のみです
選択領域の保存(S)… Ctrl+Q 作成した領域を保存します。 ファイル名は[*.pxs]になります
 
領域外の表示   領域範囲外をチェック模様、または暗くすることによって区別することができます
直線など閉じていない領域の場合は、この表示は関係ありません。
関連ページ:その他
    表示しない(N) 領域内外の表示を変えません
    チェック(C) 領域外をチェック模様で表示します
    暗く(V) 領域外を暗く表示します
    • 「領域の内側をぼかす」のぼかし具合がver.4より弱い感じがします(卯月:管理人)


  • 最終更新:2011-10-24 01:17:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード