領域…

boxfill領域…

領域はコピーや塗りつぶしを行う時に選択されるものです
Pixiaでは四角形のポイントを繋ぐ線分で構成されています。この領域線に沿って描画することもできるため、領域の形状が定規のような役割を果たす事ができます

閉じた領域を選択しているときは塗りつぶしなどを選択できるほか、ペイント設定で「領域外をマスク」を有効にした場合には領域内部のみを描画できるなど、マスクプレーンのような使い方が可能になります
領域は「領域の解除」で解除されるまでレイヤ移動しても変更されません
領域関連の編集を選択した状態でドラッグすると、領域形状を崩さずに領域範囲を移動させることができます
領域範囲の移動はドラッグまたは方向キーで行えます。方向キーでは1ピクセルずつ、Shift+方向キーで10ピクセルずつ移動します

領域-長方形 boxfill 長方形
ドラッグすると、直線(四角形)の領域が選択できます
□をドラッグすると領域の大きさの変更が、領域内をドラッグすると領域の移動ができます
Shiftキーを押しながらドラッグすると、正方形になります
Shiftキーを押しながら領域の大きさを変更すると、キャンバス比で領域の変更ができます
領域-直線 lined 直線
ドラッグすると、直線の領域が引けます
線上をドラッグすることで、直線の移動ができます
Shiftキーを押しながらドラッグすると、線の角度を15°単位で変えることができます
線を引く時に使います。領域内の塗りつぶしはできません(塗りつぶしを行うとキャンバス全体が塗りつぶされます)
領域-円 circle
ドラッグすると、円の領域が選択できます
□をドラッグすると領域の大きさの変更が、領域内をドラッグすると領域の移動ができます
Shiftキーを押しながらドラッグすると、真円になります
領域-多角形 poly 多角形
左クリックすると、多角形の角を決定します。右クリックで領域が確定します
角の□をドラッグすると大きさの変更、内側をドラッグすると領域の移動ができます
領域-連続直線 pline 連続直線
左クリックすると角を決定します。右クリックで確定です
線を引く時に使います。領域内の塗りつぶしはできません(塗りつぶしを行うとキャンバス全体が塗りつぶされます)
領域-スプライン曲線 splin スプライン曲線
使い方は連続直線と同様で、スプライン曲線が引かれます
線を引く時に使います。領域内の塗りつぶしはできません(塗りつぶしを行うとキャンバス全体が塗りつぶされます)
右クリックで確定した後、領域上で右クリックするとポイントの追加ができます。ポイント上で右クリックするとポイントの削除ができます
領域-ベジエ曲線 bezie ベジエ曲線
使い方は連続直線とほぼ同様で、ベジエ曲線が引かれます
線を引く時に使います。領域内の塗りつぶしはできません(*例外あり)
領域作成時、左クリックしたままドラッグすると曲線を制御するハンドルが表示されます
右クリックで確定した後、領域上で右クリックするとポイントの追加ができます。ポイント上で右クリックするとポイントの削除ができます
ポイント(□)を左クリックすると左クリックしたポイントの制御ハンドルが表示されます
領域-フリーベジエ曲線 fbezie フリーベジエ曲線
自由に描画したラインをベジエ曲線化します(マウスでドラッグしたラインをベジエ曲線にします)
線を引く時に使います。領域内の塗りつぶしはできません(*例外あり)
領域上で右クリックするとポイントの追加ができます。ポイント上で右クリックするとポイントの削除ができます
ポイント(□)を左クリックすると左クリックしたポイントの制御ハンドルが表示されます
領域-ワイヤー wire ワイヤー
ドラッグしていくと、近似色の領域を選択していきます。右クリックで終了です
領域内部を選択すると領域の移動が、□にポインタを合わせると、領域の変更ができます
領域-閉領域 fill 閉領域
クリックした所と同系色の領域を選択します
閉領域はOパネルで設定を変更できます
「あまさ」で同系色判定のあまさを決めます。(数値が大きくなるほどあまくなる)
「境界」は、どのレイヤを領域判定の対象にするかを決めます
Shiftキーを押しながらクリックすると、複数選択できます
    • 長方形で領域を作成する場合、縦横比を指定して領域を作成する事ができます
      • ちょっと説明が難しい+不具合?があるようなので保留します
    • ベジエ曲線(フリーベジエ曲線)で領域を作成した場合、作成直後に塗りつぶしを行うと上下左右のポインタを繋いだ四角形に塗りつぶしが行われます
      ベジエ曲線で領域を作成し、その内側を塗りつぶしたい場合は以下の方法で行います
      • 1)塗りつぶしたい部分をベジエ曲線で縁取ります。その際、始点と終点を重ねておきます
      • 2)右クリックで領域を確定します
      • 3)始点(もしくは終点)を左クリックします。これでベジエ曲線内が領域になるので、ベジエ曲線で作成した領域内への塗りつぶしができます

  • 最終更新:2011-03-07 21:43:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード