編集

undo redo copy paste



undo元に戻す

アンドゥバッファに残っている回数だけ、画像編集を取り消すことができます
アクティブレイヤにのみ適用されます。それ以外のレイヤの描画内容へは影響しません

レイヤ操作(レイヤの結合や削除、合成方法の変更等)や影の作成を取り消すことはできません


redoやりなおす

いったん取り消した操作をやりなおします
アクティブレイヤにのみ適用されます。それ以外のレイヤの描画内容へは影響しません



copyコピー

選択範囲内部の画像データをクリップボードにコピーします
領域を選択しないままコピーを選ぶと、キャンバス全体をコピーします

コピーされるのはカレントレイヤ(選択されているプレーン)の内容のみです。カレントレイヤが非表示でもカレントレイヤの内容をコピーできます


paste貼り付け

クリップボード内にある画像を、編集中のキャンバスに貼り付けます
t値、d値、トーンフィルタの影響を受けます

貼り付けをおこなうと、クリップボードの内容がキャンバス上に現れます。領域内部をドラッグすると、貼り付ける位置を移動できます
画像の加工(回転、変形等)を行いたい場合は、貼り付ける前にサブメニューから実行して下さい

右クリックでサブメニューが現れます
このレイヤに貼り付け カレントレイヤの選択されているプレーンに画像データを貼り付けます
このレイヤに
全プレーン貼り付け
カレントレイヤに画像データとアルファチャンネル(透明プレーン)を貼り付けます
「アルファ追加」で追加したアルファプレーンは貼り付けられません
新規レイヤとして貼り付け 新規レイヤを作成し、新規作成したレイヤの画像プレーンに画像データを貼り付けます
新規作成されるレイヤの大きさは、貼り付ける画像データと同じ大きさになります
 
拡大縮小 画像データの角の□をドラッグすると拡大縮小されます
自由変形 画像データの角の□をドラッグすると自由な四角形に変更できます
平行四辺形 画像データの角の□をドラッグすると、平行四辺形に変更できます
回転 画像データの中心付近にある□をドラッグして、画像データを回転させます
 
トーンフィルタ トーンフィルタ設定画面を表示します
設定内容は貼り付け結果に影響します
 
元のサイズ 画像データを元のサイズに戻します
(*画像データのサイズがキャンバスより大きい場合、縮小して表示されます)
キャンセル 貼り付けを中止します
拡大縮小(または回転)は、自由変形(または平行四辺形)と同時に反映させる事はできません
加工編集中は全ての加工は行えますが、実際に張り付けする時に反映されるのはどちらかだけです(拡大縮小+回転 or 自由変形+平行四辺形)
貼り付けを行う時に、どの加工にチェックが入っていたかで反映される加工が決まります
    • 「このレイヤに全プレーン貼り付け」では、画像プレーンと透明プレーンが貼り付けられます
      透明プレーンは画像プレーンを編集すると編集内容がそのまま透明プレーンにも反映されるようなので、
      私(管理人)にはこの貼り付け方法の使い所がよく分かりませんorz
      • 貼り付け後、画像プレーンに「塗りつぶし」を行ったら透明プレーンが初期化されました
        (正しくは画像プレーンと透明プレーンを同じ色で塗りつぶした状態になりました)
      • 塗りつぶし後、透明プレーンに塗りつぶし前の画像プレーン(白黒の線画)を貼り付けたら黒い部分が透明になりました
      • 透明プレーンを編集した内容は画像プレーンに反映されます(ver.4の「透明色」として反映されますが、黒で編集した部分が透明になります)

  • 最終更新:2012-01-08 07:13:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード